避難後に自殺 東電に賠償命令

東京電力福島第一原発事故後に避難を余儀なくされ、一時帰宅中に自殺した渡辺はま子さん(当時58)の遺族が損害賠償を求めた訴訟で、福島地裁は8月26日、東京電力に賠償を命じる判決を言い渡した。渡辺さんは、事故前は社交的で明るい性格だったが、事故後の2011年6月に計画的避難区域になった川俣町山木屋地区から避難を強いられると、耐え難いストレスに襲われ、うつ病になったという。そして、同年7月、避難先から一時帰宅した際に焼身自殺した。遺族は「避難生活が続いてうつ病になり将来を悲観したのが原因だ」として、東京電力に約9100万円を賠償を求める訴訟を起こしていた。裁判所は「原発事故と自殺に因果関係はある」と遺族側の主張を認め、同社に4900万円の支払いを命じた。
次の?画
ゴルフクラブが女子大生の首に

Facebook?1??
社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?