インド116歳 競技の来日断念

岩手県北上市で9月19日に開幕したアジアマスターズ陸上競技選手権大会に参加登録していた、自称116歳のインド人男性が来日せず、競技にも出場しないことが分かった。ビザが下りなかったという情報もあるが、インド選手団の代表者は同月18日、報道陣に「体調不良でビザを申請しなかった」などとも説明している。男性はダラム・パル・シン選手で、同大会には100歳以上のクラスで100メートルや800メートルなど4種目に登録。うち3種目はこの男性だけが参加予定だったという。英国のギネス・ワールド・レコーズ社が認定した世界最高齢の男性はさいたま市の百井盛さん(111)。パル選手のパスポートの写しには、生年月日の欄に「1897年10月6日」と記載されていたが、大会事務局は実際に競技に参加した場合は、記録を参考扱いにする予定だった。
次の?画
毎日求められ…別れ話の女脅迫

Facebook?1??
アジア

塾講師が教え子に口淫を強要

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?