川内原発に燃料、8月再稼働へ

 九州電力は7月7日、川内原子力発電所1号機(鹿児島県薩摩川内市)に燃料の装填(そうてん)を開始したと発表した。8月中の再稼働を目指す。同原発は東日本大震災による影響で2011年5月から稼働を停止している。

 同日午後1時39分から作業を開始した。10日までの4日間で核燃料157体を挿入する。ただし、これまで4年以上にわたり稼働していない期間があったため、設備の不具合が発生している可能性もあり、検査も行う。

 再稼働に当たっては地元からも根強い反対があるほか、周辺に巨大噴火を起こしたことのある火山が集中していることで、安全面に懸念の声が上がっている。
次の?画
氷の洞窟崩落事故で5人が死傷

Facebook?1??