ロボット接客のホテルが登場

 テーマパークのハウステンボス(長崎県佐世保市)に2015年7月17日、接客をロボットなどの自動化で対応する新規宿泊施設「変なホテル」が開業した。

 7月16日付各紙の報道によると、同ホテルではフロントの接客を女性や恐竜などのロボットが担当するほか、荷物の預かりや運搬にも様々な形態のロボットで対応する。また、顔認証によるキーロックで部屋の鍵を不要にしたほか、エアコンを設置しない仕組みを取り入れるなどの新たな試みをふんだんに取り入れている。自動化を進めることによりコストを減らし、人件費の4分の1にとどめたという。
次の?画
教師が車内で生徒の太ももに…

Facebook?1??
国際

スパイダーマンはやはり白人?

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

社会

搬送中の救急車に自転車投げる