川内原発再稼働 背景と問題は

 九州電力の川内原子力発電所1号機(鹿児島県薩摩川内市)が2015年8月11日に原子炉を起動し、再稼働をした。14日にも電力を供給できる見通し。

 11日付の報道などによると、2013年9月に大飯原発(福井県おおい町)が停止した「原発ゼロ」状態が1年11カ月ぶりに解消された形だ。東日本大震災後に導入された新基準に初めて合格した原発として、世界からも注目が集まっている。

 九州電力による再稼働の根拠は「電力の安定供給」だったが、猛暑でも供給力の不足はみられていないとの声も根強い。

 川内原発1号機は7月7日に燃料の装填を開始。4年以上停止したままだった設備の不具合点検などを経て起動した。ただし周辺住民の避難訓練の実施がされていなど、安全対策が確認できていない部分もある。
次の?画
家の中にクマ!その時愛犬は…

Facebook?1??
社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

国際

スパイダーマンはやはり白人?

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

社会

搬送中の救急車に自転車投げる