駅員2人寝坊で34人始発乗れず

東京メトロは、丸ノ内線の南阿佐ヶ谷駅で10月15日早朝、当直の駅員が2人とも寝過ごしたため、始発電車から降りた乗客2人が駅から出ることができず、始発電車に乗るはずの34人が駅に入れなかったと発表した。早朝の当番の駅員2人は15日午前0時に就寝。一度は午前4時半に目覚まし時計の音で起きたものの、「二度寝」してしまったという。始発電車が午前5時過ぎに駅に到着するも、駅ホームは電気がついておらず、始発の運転士が異変に気づき指令所に連絡した。駅入口のすべてのシャッターが閉まっており、乗客2人が駅から出ることができず、始発電車に乗ろうとしていた乗客34人も駅に入れなかったという。駅員2人は指令所からの電話で起こされたあと、本来より30分遅れて業務を開始。東京メトロは、「お客様にご迷惑をかけ、深くおわびする。再発防止を徹底するとともに、営業開始が遅れることがないよう、バックアップ態勢の見直しを図る」と話している。
次の?画
街角美人 Today’s Taiwan Cutie 琦琦さん

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?