ステーキ店店長自殺で賠償命令

 飲食店「ステーキのくいしんぼ」の店長だった男性(当時24)が自殺したのは、長時間労働と上司によるパワーハラスメントが原因として、東京地裁は11月4日、経営会社のサン・チャレンジと上司らに計約5800万円の支払いを命じた。

 男性は2010年11月に店舗が入るビルの非常階段で首をつって自殺した。07年に入社し、09年7月に店長に昇格してからは、恒常的に長時間勤務を行い、休日もほとんど無かったという。
次の?画
少女にアダルト商品見せ喜ぶ男

Facebook?1??