マウスの「父性」脳の部位から

 理化学研究所(理研)の研究チーム(黒田公美チームリーダー)が、オスマウスの子育て(養育)意欲に関係する2つの脳部位を特定したと、2015年9月30日に発表した。

 メスマウスは若い時から子の世話をするのに対し、交尾未経験のオスマウスは子に対し攻撃的だ。研究の結果、攻撃をしている時、前脳の「BSTrh」という部位が活性化していることを突き止めた。一方、オスマウスがメスと交尾・同居を経験すると、「cMPOA」という部位が活性化し、BSTrhを抑制して……。
次の?画
警察署にやりを持って殴り込み

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?