レム睡眠の効果マウスで証明

 人間が睡眠中に繰り返す浅い眠り「レム睡眠」で、学習や記憶力を促進する効果のある脳波が強まることがわかった。筑波大学と理化学研究所(理研)のチームが2015年10月22日に研究内容を米科学誌に発表した。

 23日付の報道によると、レム睡眠は哺乳類や鳥類にみられるもので、睡眠全体の約15%を占めているという。この時に記憶をつかさどる神経細胞のつながりを強める脳波「デルタ波」が強く発せられる。

 筑波大などのチームはレム睡眠とノンレム睡眠を切り替える神経細胞を特定し、レム睡眠が起きないマウスを作って実験。ノンレム睡眠中にはデルタ波が弱まることがわかったという。デルタ波はうつ病やアルツハイマーの患者の睡眠中にも減少するといい、病気の解明につながる可能性もある。
次の?画
飼い主の目の前で警察が犬射殺

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

社会

京大学生寮を警視庁が家宅捜索