激戦! 流行語大賞2014開幕

 今年も流行語大賞の季節がやってきた! 11月19日、ユーキャンは毎年恒例となる「ユーキャン新語・流行語大賞」について、2014年のノミネート50語を発表した。

 世界中が怯えた「エボラ出血熱」、規制が強まった「危険ドラッグ」。政治では「集団的自衛権」が議論を呼び、一方で不正がバレた元兵庫県議が「号泣会見」。不正と言えば、「STAP細胞はあります」と言っていた某女性研究者は、今何をしているのだろう? アニメでは「レリゴー」「妖怪ウォッチ」が盛り上がり、ネットでは「壁ドン」「アイス・バケツ・チャレンジ」などが話題となった。

 何かとキャッチフレーズが多かったこの1年、果たして大賞を取るのはどの言葉? 結果は12月1日に発表される予定だ。
次の?画
2人死亡の臓器移植に衝撃事実

Facebook?1??
社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?