北京大気汚染、環境基準の22倍

 中国で大気汚染問題が深刻化している。世界保健機関(WHO)が推奨する大気汚染の上限は、1平方メートルにつき、25マイクログラム。しかし、北京では既にそれを大幅に上回る568マイクログラムを検出。それをうけ、中国では4段階のうち2番目に深刻なオレンジ警報が発令された。

 2015年12月1日付の海外メディアによると、中国の習近平総書記が11月30日にパリで行われた「第21回国連気候変動会議(COP21)」に出席し、その後、一部高速道路を閉鎖するなど、二酸化炭素の排出を制限する活動を実行。果たして問題は早急に解決されるだろうか。
次の?画
米障害者施設で乱射、14人死亡

Facebook?1??
国際

スパイダーマンはやはり白人?

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

社会

京大学生寮を警視庁が家宅捜索