自公が圧勝 3分の2を上回る

 第47回衆議院選挙は12月14日に投開票が行われ、政権与党の自民党と公明党で衆議院の定数の3分の2以上の議席を獲得した。一方、民主党は公示前に比べて議席を増やしたものの、海江田万里代表が議席を失い、同月15日、代表辞任を表明する見通しだ。

 安倍政権の2年間が問われ、経済政策「アベノミクス」を最大の争点とした今回の選挙。結果、安倍政権は信任を得ることになり、参議院で否決された法案を衆議院で再可決して成立することができる定数の3分の2を上回る326議席を獲得した。一方、野党側は民主党が公示前の62議席から11議席増やし、共産党が21議席と公示前8議席から倍以上に増やすなどしたものの……。
次の?画
街角美人 Today’s Taiwan Cutie 子誼さん

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

社会

京大学生寮を警視庁が家宅捜索