亀田大毅 敗戦も王者の不可解

ボクシングのトリプル世界戦が12月3日、大阪のボディメーカーコロシアムで行われ、国際ボクシング連盟(IBF)と世界ボクシング協会(WBA)のスーパーフライ級王座統一戦で、IBF同級王者の亀田大毅(24)が敗れ、王座統一に失敗した。試合前日、対戦相手のリボリオ・ソリス(31、ベネズエラ)が2度の計量失敗でWBA同級王座剥奪に。減量を諦めて水をがぶ飲みする醜態もさらしていた。これを受け、IBFとWBAは「亀田大が勝った場合はIBF、WBAの統一王者。ソリスが勝った場合は、両王座が空位となる」としていた。結果は亀田大の判定負けとなったが、試合後にIBFの立会人、リンゼイ・タッカー氏が突然、記者会見を開き、ソリスの体重超過を理由に「亀田選手はIBF王者のままです」と発表。報道陣からの「説明と違う」などの問いに「昨日言ったことは覚えていないけれど、そう受け取られたとしたら、それは間違い」と釈明した。計量のドタバタ、負けても防衛という不可解な終わり方など、なんとも後味の悪い試合になってしまった。
次の?画
元琴光喜逮捕 不法滞在者雇う 

Facebook?1??